糖尿病ということばを知らない人のほうが少ないくらい知られている病気ですよね。糖尿病になってからの制限というのはかなり辛いものがあります。そうならないために早期の対策をしておく必要があるので紹介していきます。

糖尿病にならないための対策は出来ることから始めよう

更新日:

糖尿病対策をするためには糖質制限という食事制限が1番効果的です。
糖質制限というのは、ごはんやパン、麺類などの糖質が多いといわれている食品を制限することです。
制限というのも2つあって、完全に断ち切るものと、摂取する量を少なくするものがあります。

ただ、なかなか完全に断ち切ることって難しいですよね。
そのため、糖尿病予防にはゆるい糖質制限が1番いいと言われています。
完全に断ち切る糖質制限ではなく、少しだけ制限するゆるい糖質制限についていろいろ紹介していきたいと思います。

糖尿病の対策は食事のメニューから心がける

糖尿病の対策には食事のメニューから見直す、そして意識するということが大事です。

私たちが普段食べている食品には丼物、ラーメン、パスタ、パン、カップ麺といった糖質が多い食品ばかりです。
糖質というのは安いというのもあるし、それで美味しいという感覚を脳に与えてくれます。

このような食事が多いなと感じている人は、1日の炭水化物の摂取量を今までの半分くらいにするように心がけましょう。
これがゆるい糖質制限となります。
糖質制限は糖尿病を予防するだけでなく、健康的なダイエット方法としてもオススメです。

始めやすい方法としては、丼物などの単品メニューを減らしていくことです。
どうしてもランチ時間帯というのは時間もないので時間をかけずに食べられる丼物や麺類といったメニューが多くなります。

単品メニューというのは炭水化物が多くなり、糖質が増えてしまう原因なので避けるほうがいいですね。
出来るだけ、単品ではなくサラダや副菜などがついているセットメニューを選ぶと、丼物もミニで満足できるかもしれませんし、栄養バランスもよくなります。

もしお店によって対応してくれるのであれば、ご飯少なめでお願いするようにしましょう。
大事なことは全く食べないといったことではなく、食べる種類、量を減らしていくということです。

糖尿病の対策は食事の食べかたから始める

糖質を制限していく食事をする中で大事なのが食べ方になります。
同じものを食べるので結局は一緒ではないかと思われるのですが、実は体というのは吸収されるペースというのが違います。

食べる順番としてオススメなのは最初に野菜を食べることです。
最初に野菜を食べることで血糖値の上昇を抑えてくれます。
2番目に食べるものとしては、スープ系など満腹感を高めるもので、最後にタンパク質が得られる肉や魚を食べるようにするとオススメです。
そして最後にごはんを食べることによって、すでに満腹感があるので量を減らすことに繋がるので自然と糖質制限できます。
ご飯を先に食べてしまうと満腹中枢もおかしくなってしまうので、ばくばく食べてしまうのです。

①最初に野菜を食べる
②次にスープを飲んで満腹感を高める
③タンパク質の多い肉や魚を食べる
④ご飯系を食べる

あくまでこれは一例なので全てをこうしなければいけない訳ではありません。
少しだけでも意識することで結果は変わってきます。

糖尿病の対策をするなら飲み物はお茶か水にするべき

糖尿病対策をするには食べ物ばかりを気にしていてはいけません。
実は飲み物も気にする必要があり、出来ればお茶か水にうるようにしましょう。
水分というのは摂取することで満腹感を高めてくれるので水分を多くとるようします。

かといって甘い飲み物ばかり飲んでいてはいけません。
皆さんが知らないだけでジュースやコーヒーなどは驚くほどの砂糖が入っています。
しかも市販のものというのは美味しくするためにさらに糖が入っています。
缶ジュースなんかでいえば、1本あたりにスティックシュガーが10本以上はいっているので恐ろしいですよ。

糖尿病対策をして糖質を抑えたいのであれば、出来れば飲み物は水分かお茶にしましょう。
全てをそうするっていうのは難しいかもしれませんが、意識して飲み物を飲むようにするだけでも違いますよ。

糖尿病の対策はコンビニ商品でもプラス食材を取り入れよう

糖尿病対策にはコンビニ商品でも一工夫が必要です。
コンビニ商品は避けたほうがいいという考えもありますが、それは毎日はやめたほうがいいというだけです。
今ではコンビニ商品も商品によっては体に良いものが多いです。
その体に良い商品というのが焼き魚、サラダ、切り干し大根、ひじきなどの惣菜関係です。
コンビニというとコンビニ弁当というイメージが強いのですが、今はそれぞれの商品を組み合わせてメニューを作ることが出来ます。

惣菜系商品には良質のタンパク質がとれる商品も多いので、これらを惣菜系を組み合わせたランチにすれば、糖尿病の対策になります。
ただ糖質は少しはとったほうがいいので、おにぎり1つやサインドイッチなど軽めのものにしましょう。
カップ麺などはなるべく避ける、脂っこいものばかりが入っているコンビニ弁当は避けるようにしてください。

これを意識するだけで糖質制限ランチになるので少しだけでも意識してくださいね。

糖尿病の対策は空腹にならないような環境を整えてあげる

糖尿病対策には食べなければいいという考えの人もいます。
糖質を制限するために食事をしないという人がいて、それは極端な考えですし、糖尿病の人には1番よくない環境です。

空腹時に食事を食べてしまうとそれを体が全部吸収しようとしてしまいます。
そうなるとちょっとだけ糖質を取ろうとしてもしっかりと吸収されてしまうので、よくないです。
なるべく空腹にならないように、もしお腹が減りそうになれば。
ちょっとしたチーズや無糖のヨーグルト、豆乳などで少しお腹持ちをよくしてあげましょう。

糖尿病の対策として喫煙・飲酒はなるべく避けましょう

糖尿病対策には食事の制限や調整も大事なのですが、もう1つ大事なものがあります。
それが「喫煙」「飲酒」です。
喫煙というのは量ではなく、喫煙自体が糖尿病にとってはよくないです。
どうしてかというと喫煙はインスリンの分泌や作用の低下を引き起こす可能性があるのでよくありません。

それだけでなく運動の体力も落ちてしまうし、代謝も下がってしまうのでオススメは出来ないです。
確かにストレス発散になるかもしれませんが、体にはよくないってことです。

また、アルコールというのは適量であれば問題ないですが、多量に飲酒をするとよくありません。
アルコールには糖質が多く含まれているので、なるべく飲む時も糖質オフのものにしましょう。

アルコールを多量に飲むとそれと同時に食べるものがカロリーが高いものになりますよね。
お菓子とか唐揚げとかも食べると思うので、それがよくないところを高めてしまっています。

糖尿病の対策にはサプリメントなど便利なものも活用する

糖尿病対策には食事や喫煙、飲酒といったことが大事と伝えさせたもらったのですが、喫煙や飲酒は努力が必要ですね。
食事というのも大事ですが、なかなか制限できない人もいます。

そんな人のためにサプリメントは気軽に出来る糖尿病対策です。
摂取するだけでサプリメントに入っている成分が糖尿病の体に効いてくれます。

糖尿病の対策にオススメなサプリメント「金の菊芋」とは

糖尿病対策のオススメなサプリメントは金の菊芋です。
金の菊芋 口コミ
金の菊芋というのはその名前の通りなのですが、菊芋がたくさん入っているサプリメントなのですが、菊芋には血糖値を下げる働きがあります。
それによって血液をサラサラにしてくれるため、糖尿病対策にはもってこいの商品です。

それだけでなく腸内環境を整える、中性脂肪を下げる効果もあるため、健康的な体を作るためにサポートしてくれます。

成分の中にイヌリンという成分が入っており、これは水溶性食物繊維と同じ成分になっていて、体のバランスも整えてくれます。

菊芋にはこのイヌリンの占有量が多く、血糖値の上昇を抑えてくれる効果があるため、糖尿病にはオススメです。

血糖値を抑えられることと、中性脂肪を貯めないようにしてくれるので、肥満にもなりにくくなります。
肥満は糖尿病の体にとってはよくないスタイルです。

金の菊芋は内科医が共同で開発しているので糖尿病対策にはバッチリですね。

金の菊芋公式ページへ

おわりに

糖尿病を対策するためには1日3食ある食事を何とかしなくてはいけません。
食事においても極端に減らすとか無くすとかではなく、ちょっとした制限をすることが大事です。
毎日3食なので少しずつだけでも継続していくことで大きく変わってきます。

ちょっとだけでもいいのでまずは糖質制限や食べるものの質を変えてみましょう。
食事をなかなか減らすことが出来ないのであれば、サプリメントという選択も考えてみましょう。

☆注目☆

1

糖質カットサプリとはその名前のとおり糖質を抑えたサプリメントです。 糖質が抑えられているので、ダイエットしたい方には嬉しいサプリですよね。 ただ糖質カットといってもそれはダイエットだけのためではありま ...

-糖尿病

Copyright© 医師の実験でわかった!菊芋サプリ「金の菊芋」の口コミ・成分! , 2018 All Rights Reserved.