血糖値というもの、糖尿病というもの、それぞれの言葉は聞いたことがありますよね。たまにですがこの2つを別物と考えている人も多いため、今回は血糖値を糖尿病の関連性について紹介していきたいと思います。

血糖値と糖尿病の関連性について詳しく知っておこう

更新日:

糖尿病の記事を見ていても血糖値という言葉が出るし、血糖値の記事を見ていても糖尿病という言葉が出るし、果たしてその2つの関係性というのは何なのでしょうか。

糖尿病の治療をされている方は、血糖値という言葉は切り離すことが出来ないものになっています。
それだけ血糖値というのは糖尿病を考えていく上で非常に大事なキーワードになってきます。

まだ糖尿病のこと、血糖値のことを良く知らない人は、この2つの関係性がどのようになっているのか気になりますよね。
具体的に理解するとこれから糖尿病になる可能性が少なくすることも出来ますよ。
是非参考にしてください。

そもそも血糖値とは何?

血糖値という言葉よく聞きますよね。
血液の中には糖が入っており、それがブドウ糖というものです。
血糖値とは、その血液の中に入っているブドウ糖の濃度、濃さを表しているものです。

血糖値を測定するときのタイミングは空腹時にか測らなければ意味がありません。
・血糖値の正常値 空腹時においては90 mg/dl~100mg/dl

もし食後に血糖値を測定した場合は、
・血糖値の正常値 食後においては食後2時間後で120mg/dl未満

この2つの数値を覚えておいてください。
この数値よりも血糖値が高ければ高血糖、逆に正常値よりも低ければ低血糖ということになります。
それぞれの状態によって対策は変わってきます。

血糖値が高いのもいけないが低いのも注意が必要

血糖値が高い状態になっている高血糖を気にする人も多いのですが、実はそれと同じくらい低血糖状態も気にしてほしいです。
この重要性を分かっておかないと高血糖だからといってただ血糖値を下げればいいということではなくなります。

低血糖というのは空腹時の血糖値が60mg/dl以下になっている時のことを言います。
高血糖の人が勘違いされているのですが、血糖値は低ければ低いほどいいと思っている人がいます。
その考えってすごく危険です。

低血糖になると、どんな症状が出るかというと空腹感、脱力感、指のふるえ、冷や汗など、高血糖の時よりもちょっと異常な症状が出てきます。

場合によっては目の焦点が合わなくなったり、頭が重たくなったりとおかしな行動をとるようになってしまいます。

この症状がどうして起こるのか、それは血液中のブドウ糖量が少ないことによって起きてしまいます。
この血液中のブドウ糖というのはすごく大事な働きをしているのです。
ブドウ糖が少なくなっていることで脳に栄養が行き渡らなくなり、このような症状が起きてきます。

脳の活動が低下していくると先ほどのような症状が起きてきます。
ほとんどの方は低血糖状態より高血糖状態のほうが多いのでそればかりフォーカスされていますが、低血糖も気をつけてほしいです。

低血糖の症状はずっと続くわけではないので治療法というのは一時的にブドウ糖や砂糖などを体に補給してあげることです。

血糖値と糖尿病の関係性は?

ではここからは血糖値と腸尿病の関係性について紹介していきたいと思います。
怪我や風邪の症状でもないのに体に異変が起きている場合には病院で血液検査を必ずします。
その項目の一つとして血糖値を調べていきます。
これはどうしてかというと外傷でなく体に異常が出てきた場合は、まずは糖尿病が発生しているのではないかと疑われるからです。

血糖値が高いかどうかを判断されるのですが、どうして血糖値が高いとダメなのかということですよね。

高血糖の状態はどうなっているかというと、血液の中のブドウ糖が普通よりも多くなっている状態で、簡単にいえば血液の中に糖分のような固体が多くあるとそれによって血液の流れが悪くなっています。

血管にも太さがあり、いつものブドウ糖の量であれば普通に流れていくのですが、ブドウ糖の量が多いと流れが悪くなります。

分かりやすくいうと大きな川で短い木が1本や2本流れていたとしても、川の流れが止まる訳ではないですよね。
でもこの木が10本や20本と大量に流れてきたら、場合のよっては川の流れを悪くしてしまうかもしれませんよね。

この状態が体内で起こると、他の部分も含めて血液循環が悪くなってしまいます。
コレが糖尿病というものです。
そのため血糖値が高くなると糖尿病になるという関係性があります。

血糖値が低くなる低血糖にも注意が必要

先ほども紹介しましたが、血糖値が高くなる高血糖だけを気にしてはいけません。
低血糖にも注意が必要です。

ここで伝えたいのは高血糖の人ほど低血糖になる人も多いです。
どうしてかというと血糖値を下げようとしてしまい、正常値よりも下回ってしまうことです。

通常の方が低血糖になることは、食事をとらない、糖質を全く取らない人くらいしかなりません。
それは栄養失調に近い状態になります。

でも高血糖の人は薬を使って意図的に血糖値を下げようとするため、タイミングによっては低血糖になってしまいます。
低血糖になるとさっき紹介したような状態になるので注意が必要です。

正直なところ高血糖の状態よりも低血糖の状態のほうが体にとっては重篤な状態であるということを覚えておいてください。

血糖値は神経質にならず正常値を維持することが必要

血糖値が高いのも低いのもよくないということは分かってもらえたかなと思います。
ただ血糖値ばかりを神経質になって気にしてしまうのもよくありません。

この理由は血糖値というのは測定するタイミングによって大きく変化していきます。
空腹時や食後もそうですし、運動後も含めて血糖値は変化しています。
そのたびに血糖値が高くなったりしているので、それにばかりストレスを感じていてはいけません。

というよりストレスを感じると交感神経が敏感になるのでそれによって血糖値が上がってしまうのでよくないです。

糖尿病の治療というのはすぐに治るものではなく長時間、長期間にわたるものになります。
そもそも糖尿病になったのもすぐになった訳ではありません。
今までの食生活、運動不足によってそれが蓄積されて起こったものです。
それだけ長年かけて出来たものなので簡単には治るはずがないってことです。

血糖値を正常に保つためのサプリメントを紹介

糖尿病と蜜な関係性がある血糖値ですが、病院にいけば薬をもらって調整していくのですが、そこまでのレベルではない人もいますよね。

健康診断の時に少し血糖値が高いと指摘を受けたけれど、病院にいくほどではないなって思っている方いますよね。

そんな時はとりあえずサプリメントで血糖値を抑えることも出来ます。
サプリメントは気軽に濃縮した成分を摂取できるので忙しい方にはオススメです。
血糖値の上昇を抑えるためには食事改善と適度な運動ですが、それを出来ない人もいると思うのでそんな時はサプリメントを試してくださいね。

血糖値の上昇を抑えるサプリメントでオススメなのは「金の菊芋」です。
配合されている菊芋の成分が血糖値の上昇を抑制してくれるのでオススメです。
国産の菊芋をカプセル内の95%以上も入っているので効果に期待できます。

さらに内科医が監修して製品化されているのでサプリメントの安全性も保たれていますね。

おわりに

血糖値と糖尿病の関係性について紹介していきましたが、切っても切れない関係性というのは分かってもらえたと思います。

糖尿病の人は血糖値がどうなっているのかいつも見ていく必要があります。
でもそれを意識しすぎてもストレスになってしまい、悪循環になります。

糖尿病とは長い付き合いで考えていってくださいね。
もともと長い付き合いの食生活から来ているものなので、それは自分の胸にあててゆっくり改善していくしかないですよ。

☆注目☆

1

糖質カットサプリとはその名前のとおり糖質を抑えたサプリメントです。 糖質が抑えられているので、ダイエットしたい方には嬉しいサプリですよね。 ただ糖質カットといってもそれはダイエットだけのためではありま ...

-血糖値 対策

Copyright© 火の国が育てた純度98%の貴重な作物菊芋サプリで健康的な食生活をサポート , 2018 All Rights Reserved.