高血圧という言葉を聞いたことがない人はいませんよね。出来れば自分には起こってほしくないと思われる方も多いです。このページでは高血圧を予防するための治療やポイントをいくつか紹介していきたいと思います。

高血圧を予防するための治療やポイントを紹介

更新日:

普段の生活リズムの中で血圧というのは変化していきます。
ちょっとしたきっかけで上昇してしまうのが血圧です。

ちょっとした変化によって上昇してしまうことは仕方がないのですが、それが日常的になってしまうと高血圧になります。

そうならないためにはいくつかの注意すべきポイントがあり、出来れば普段の生活の中で急上昇しないように心がけることも大事です。
血圧が上がるクセがついてしまうと、それが慢性的になるってこともあります。

では具体的にどんなところに注意したらいいのか紹介していきます。

高血圧の予防には冬場に要注意

高血圧の予防をする上で冬場というのは1つポイントに覚えておいてください。

高血圧の人にとって寒い季節のトイレは気をつけて欲しいタイミングです。
まずほとんどの家がトイレへ過ごしている場所とは違う個室にあり、暖房が完備されていないと思います。
温かい部屋で過ごしていて、トイレのために冷え切った廊下に出てトイレに入ると自然と血圧が下がります。

その血圧が下がった状態でトイレをするために力を入れると、逆に血圧は急上昇してしまいます。
この下から上への急激な変化によって心臓に負担がかかります。
また和式トイレなどしゃがんだりするとそれはそれで余計に力が入ってしまい血圧が上がってしまいます。

ではどうしたらいいの? トイレに行かなければいいのと思ってしまいますがそうではありません。
まずトレイは洋式トイレを利用することと、家のトイレには簡易的にヒーターを用意したり、便座を暖めたりと、少しでも寒さを防ぐ工夫をしましょう。
避けてほしいのは血圧の急上昇なので、出来ればトイレに行くタイミングでちょっと廊下の扉を開けておく、トイレを暖かくしておくなど出来ることから始めましょう。

トイレは1回限りのことではなく、毎日数回のことになります。
そのため、1回では何も負担がなかったかもしれませんが、それが積み重なると負担に繋がってくるので注意しましょう。

また、これはトイレだけでなくお風呂にも言えることです。
お風呂に入ると急激に血圧は上昇していきます。
冷えたところから、急にお風呂に入るのも気持ちいいですが、それは体には負担になっていることを覚えておいてください。

血圧を上昇させないためのお風呂に入るポイントとしては


・お風呂に入る前にコップ1杯の水を飲んで血液の流れを良くしてあげる
・なるべく服を脱ぐ時は温かい場所でする
・急にお風呂になるのではなくかけ湯をして体を慣らしてからにする
・お風呂から出るときはゆっくり立ち上がる
・お風呂から出たら体が冷えないようにすぐに服を着る、髪を乾かす

これらを意識するだけで血圧が上昇するのを防ぐことが出来ます。
どれもそんなに難しいことではないので、出来ることを習慣ずけてしまいましょう。

高血圧の予防には起きた時に気をつけて

高血圧に注意してほしいのは、起きた時です。
血圧は朝に上昇しやすいようになっています。
特に起きた直後はすぐに布団から出たり、飛び起きたりしないようにしましょう。
意識としては体を少しずつ動かしてゆっくりと起き上がるようにしましょう。

目覚めた時も同じで、すぐに起きずに深呼吸をしながら起きると血圧の上昇を防いでくれます。
寝ている時ということで睡眠は高血圧にとって重要な役割を果たしています。
高血圧によって傷ついた血管は寝ている時に修復されます。
その時間をどれだけ確保できるかで高血圧の治療にも繋がってきます。

逆に睡眠時間が少なかったりすると睡眠の質が低くなり体によくないサイクルが働くともいわれています。
睡眠というのは血圧をコントロールする上で大事な役割を果たしています。

睡眠をたっぷりとることで朝の目覚めもよくなります。
そのため、目覚ましがなっていきなり飛び起きるということも減り、高血圧の予防にもなります。
結局のところはどれだけ質の良い睡眠が出来るかで大きく変わってくるということです。

もし思っているような睡眠が出来ない場合は、ストレスなどが関わっている可能性があるので、その時は医療機関を受診してみましょう。

高血圧の治療には計画性をもって行う

高血圧の治療が必要な場合は計画性をもって行いましょう。
定期的な健康診断で高血圧と診断されたら、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

とりあえずは内科と書かれている診療科でいいでしょう。
そこから状態によって個別の循環器内科とか専門科を紹介してくれます。
その中で医師と相談しながら高血圧にならないための治療方針を決めていき、計画的な対策を行っていきます。

あくまで健康診断時にはその時の血圧を測定しているだけで、もしかすると隠れ高血圧という人もいるかもしれません。

血圧を測定するタイミングがあれば、とりあえず今の状況を確かめるためにも測定しましょう。
今はいろいろなところで血圧測定しているので出かけたついでにドラックストアや電化製品屋で測定してみましょう。

また、何かちょっと症状がおかしいなと感じたら、自己判断せずに医療機関を受診しましょうね。
隠れ高血圧というのも存在します。

高血圧の治療には計画性を持ったものが必要になります。
治療では食事や運動、薬物治療といったものがあります。
出来れば自己判断せずに医師に相談して、どのようなプランが最適なのか計画を立ててもらいましょう。

計画を立ててから、やるかやらないかは自分次第となってくるので、まずは計画を立てましょう。

高血圧の治療で薬をやめることも出来る

高血圧と診断されると多くの方が薬物治療として薬を処方されます。
血圧を一定にコントロールするためには確かに薬というのは必要になってきます。
ただこれは暴飲暴食、普段の生活の中で血圧が高くなっているのを正常に戻すために飲んでいる薬です。

ただ薬ってあまり良いものではないですよね。
副作用がないといっても食品ではないので、絶対にないとは言い切れません。
化学的に治すということになるので、何らかの作用が発生していると思ってしまいますよね。

薬の治療が必要でなくなるためには、生活習慣の改善が必要です。
食事の見直し、運動を行うことで血圧をコントロールすることが可能です。
ただそうなるためには継続的な取組みが必要ですぐには効果が出てくれません。
そのためしばらくは薬で落ち着かせるしかないですが、目標としては薬を飲まなくても良い状態にすることです。

高血圧の予防にはサプリメントという方法もある

高血圧と診断されたら医療機関を受診して適切な薬を処方してもらうと思います。
でもそこまではいかず、家族に高血圧の人がいる、周りに高血圧の人が多く、自分も予防したいという人もいますよね。

食事の改善、運動の改善と同時に今は便利なサプリメントという選択も出来ます。
サプリメントであれば気軽に摂取することが出来るので、便利です。

サプリメントは薬ではなく、栄養補助食品のため、食事でとれなかった栄養素を補うイメージですね。
高血圧には予防するためのいくつかの成分があるため、それが気軽に摂取できるのはオススメです。

サプリメントを選ぶ基準としてはその成分が入っているかどうか、そして国産の安心できる成分なのかを見極めていきましょう。

また、もう1つのポイントとして高血圧や糖尿病の予防であれば、医師が監修しているっていうのもポイントですね。
この手の商品の場合はダイエットとは違いますからね。
病気に関わるところなのでやはり医師が関わってくれているのは安心できる商品だと思います。
ちゃんと効果が実証されている、成分が保証されている商品ということになります。

  • 火の国が育てた純度98%の貴重な作物菊芋サプリで健康的な食生活をサポート
  • おわり

    高血圧にならないためにはいくつかの注意点がありましたね。
    医師と計画性を持って進めていくことが大事なのですが、1番大事なのは自分でどれだけ意識できるかです。

    まあいいだろうと思って過ごしていると、血圧は下がることはありません。

    自分で出来る限りの努力をすることで、対策は行うことが出来ます。
    そのために紹介させてもらったいくつかのポイントを意識してください。

    いきなり全てを行うことは難しいと思うので、出来るところから始めるようにしていきましょう。

    ☆注目☆

    1

    糖質カットサプリとはその名前のとおり糖質を抑えたサプリメントです。 糖質が抑えられているので、ダイエットしたい方には嬉しいサプリですよね。 ただ糖質カットといってもそれはダイエットだけのためではありま ...

    -高血圧 対策

    Copyright© 火の国が育てた純度98%の貴重な作物菊芋サプリで健康的な食生活をサポート , 2018 All Rights Reserved.